両立したいなら勤務形態を見直す

看護師は人の役に立つ素晴らしい仕事ですが、一方で激務であるともいわれています。その理由として、休みが少なく残業が多いということが挙げられるようです。また、人の命を預かる仕事なので少しのミスが大きな医療ミスに発展しまうこともあり、精神的な負担が大きいということもあるでしょう。そのため、体や心に支障をきたして離職してしまう看護師も多くなっています。
家庭を持っている看護師は、家事や子育てとの両立が困難だと感じるケースもあるようです。特に、残業が多く定時に帰ることができない場合は、家庭を持っている人にとって大きな負担になります。とはいえ、両立が困難なために仕事を諦めてしまうのは非常にもったいないことです。必死に勉強をして難しい資格を取得し、看護師としてのキャリアを積んできたわけなので、できる限り仕事を続けていきたいと考える人も多いでしょう。
そこでおすすめなのは、派遣で働くということです。正社員であるために、どうしても残業を免れないケースが出てきます。しかし、派遣であればある程度自分の都合に合わせて働けるので、仕事と家庭の両立がしやすくなるのです。また、派遣は長期だけでなく短期や単発で仕事をすることもできます。医療機関で派遣として働く場合は一定の条件が必要ですが、介護施設であれば派遣として活躍できる場所は多いようです。介護施設は複雑な医療行為をする必要がないので、病院に比べて精神的な負担も多少軽くなります。
このように、勤務形態の見直しを行うことで、残業を減らすことは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です