少しの工夫と意識で変わる

看護師の残業理由は、職場の規模や業務内容・勤務時間帯によってさまざまです。看護師の平均残業時間は2時間弱というデータもあります。実際、勤務の交代時間となる夕方は急患や入院手続きが入ることが多く、残業せざるを得ない状況になることもあるようです。また、センサーベッドは入院患者の安全確保に有効ですが、不要なナースコールの対応に追われるというケースも少なくありません。
しかし、多くの看護師が残業理由として挙げているのは看護記録です。看護記録は、患者への具体的なケア内容など看護活動を記録する重要な書類なので、正確性や効率性を重視して確実に記録する必要があります。残業しないコツの1つに、この看護記録の仕方を見直すという方法があります。記録を後回しにして、勤務終了間際にまとめて書く習慣がある職場は多いようです。しかし、勤務中のちょっとした空き時間に少しずつ書いておくと、まとめて書く量を減らすことができます。さらに、記録の重複を防ぐために、どこまで記録したか・どの患者の記録が完了しているかなどの情報共有も有効です。
他にも、医師の指示が遅れがちな職場では、投薬や明日以降の処置の準備のために残業することもあります。退院準備は、退院当日でも十分間に合うことが多いです。そのため、必ず済ませてから帰るという意識から、早急な対処が不要な業務は申し送るという意識に変えていく必要があります。
医療はチームで行われるので、極力残業をしないためには職場全体の意識の変革が必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です